綺麗な歯を維持するため

歯医者へ定期健診に行ったほうがいい理由

医師からチェックしてもらおう

病気を見つけてもらおう

定期検診では、口内に異常が起こっていないか判断してもらいます。
歯の前のあたりは、鏡を見ることで自分でも確認できます。
ですが奥歯は見えにくいので、病気になっていても気付かない可能性が高いです。
そのまま、放置することのないように心がけてください。
医師は、歯の隅から隅まで調べてくれます。
小さな症状でも、見逃がすことはありません。

健康な歯を守るため、定期検診に行きましょう。
若い頃に歯の病気になると、高齢になってから入れ歯を使用しなければいけなくなります。
自分の歯を失うのは、誰だって嫌ですよね。
まだ若いから、定期検診を受けなくても大大丈夫だと思わないでください。
若い人こそ、歯医者での定期検診が必要です。

歯を失わないようにする

病気が悪化している場合は、歯を抜いた方が良いと判断されます。
抜いた歯の代わりに、銀歯などを埋め込みます
銀色なので、当然目立ちます。
他の人に、歯を抜いたことがすぐに気づかれるでしょう。
悪化させなければ、歯を抜く事態にはなりません。
歯を抜かないために、早期発見を心がけてください。
定期検診を受けて、初期症状のうちに病気が見つかれば歯を削ります。

それだけで治療が済むので、銀歯になる心配は必要ありません。
真面目に定期検診を受けてください。
銀歯が嫌な人は、人工的な歯を埋め込むインプラントという方法があります。
しかしインプラントは保険を適応できないので、全額を自分が負担します。
高額になるので、歯を失わないようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る