綺麗な歯を維持するため

歯医者へ定期健診に行ったほうがいい理由

綺麗に歯を磨く方法を知ろう

病気になる原因を把握しよう

歯磨きを怠ると、歯垢や歯石が溜まります。
それらが、虫歯の原因になると思ってください。
毎日丁寧には歯磨きをしていれば、歯垢や歯石が溜まらないので病気の予防に繋がります。
歯医者に行って定期検診をすることで、歯垢や歯石が溜まっていないか調べてもらえます。
仮に溜まっていた場合は、取ってもらえるので虫歯を回避できます。

自分では綺麗に磨いているつもりでも、磨き残しがあるかもしれません。
特に奥歯は、案外磨けていないことが多いです。
月に1回ぐらいのペースで定期検診に行くと、歯垢や歯石がずっと溜まらないので病気のリスクを軽減できます。
なるべく、1か月に1回は歯医者に行ってください。
定期検診の時間を、しっかり確保しましょう。

子供と一緒に受けよう

子供がいる家庭なら、大人と一緒に歯の定期検診を受けさせてください。
まだ子供は、歯磨きの方法を理解していないかもしれません。
定期検診に行って正しい歯磨きを知るのはとても良いことです。
定期検診では、歯の大切さも教えてもらえます。
子供のうちから、歯を大事にする心を育てましょう。
すると大人になってからも、丁寧に歯磨きをしてくれると思います。

子供は歯医者に対して、怖いイメージを持っている可能性があります。
ですから子供だけ行かせても、行きたがらないでしょう。
大人が一緒だと、子供も勇気を出して歯医者に行ってくれると思います。
また、子供用の歯医者に行くのも良い方法です。
子供用の歯医者なら、怖くない工夫をしています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る